sponsored by
トライトグループ
採用サイトへ
公式Instagramで
最新情報をチェックする
トライトグループの働きがいに迫る【トライトで働くということ。】 » キャリアアドバイザーとは » キャリアアドバイザーに必要なスキルは?

キャリアアドバイザーに必要なスキルは?

このサイトは 「株式会社トライト」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

キャリアアドバイザーとして活躍するには、クライアントの理想像を共有して、その道筋を一緒に考えることが大切です。そのために必要なスキルには、「コミュニケーション力」「ヒアリング力」「コーチング力」「情報収集力」があります。それぞれどのようなスキルなのか、ポイントを確認していきましょう。

キャリアアドバイザーに必要なスキル4選

キャリアアドバイザーに必要なスキル①「コミュニケーション力」

キャリアアドバイザーは、クライアントが理想とする未来に向かってどのようにキャリアを構築していくかを一緒に考える仕事です。クライアントが思い描く理想の自分像を共有するところから仕事が始まります。そのために、重要なスキルのひとつがコミュニケーション力です。

コミュニケーション力は、相手と情報や意思を共有するためのスキル。一方的に自分の意見を伝えるのではなく、言葉のキャッチボールをしながら、相手の表情や身振り、声のトーンなども察知する必要があります。相手の気持ちを汲み取るスキルと言っても過言ではないでしょう。また、前向きな捉え方も円滑なコミュニケーションには必要です。

キャリアアドバイザーに必要なスキル②「ヒアリング力」

キャリアアドバイザーにとって重要なのは、話す力より聞く力です。話し上手である必要はありません。相手が何を伝えたいのかを汲み取るヒアリング力を磨いていきましょう。

特にNGとされているのは、相手の話を遮って自分の話したいことを話してしまうことです。自分の話を聞いてくれない人を信頼することはできません。相手の未来を良くしたいと思えば、相手の話を聞きたいと思うはず。キャリアアドバイザーに必要なのは、相手からアドバイスするために必要な情報を聞き出す力です。

ヒアリングの際に意識すると良いのは、聞く順番。まずは、現在のことを尋ねます。次に過去のことを聞きましょう。そして未来のことを聞いてください。この順番で聞くことで、クライアントは話しやすくなります。未来の話を先に聞いてしまうと、不確定なことは話しづらいです。

コツを抑えてヒアリング力を向上させることで、より的確なアドバイスができるようになります。

キャリアアドバイザーに必要なスキル③「コーチング力」

キャリアアドバイザーにとって重要なスキルにコーチング力があります。コーチングとは、相手の能力を引き出す方法です。潜在的に持っている能力を本人に気づかせ、本人が自分の意思でその能力を発揮するようになる手伝いをするのがコーチングの技術。キャリア構築においては、本人のやる気が何より大切なので、アドバイスよりコーチングが必要でしょう。

コーチングにおいて、クライアントは、知らないことを教えてもらうのではなく、自ら自分の行動を決めていきます。「将来どうなりたい、そのためにはこのような資格や知識が必要、だから今はこれに取り組む」というように、自分で目標を定めます。

こうした本人の意欲を引き出すには、先ほど伝えたヒアリング力がポイントです。コーチング力はヒアリング力とセットと言えます。

キャリアアドバイザーに必要なスキル④「情報収集力」

キャリア構築の基本はコーチングですが、本人が知らない情報があると、選択が狭まってしまいます。そこを補うのはキャリアアドバイザーの仕事のひとつです。キャリアアドバイザーには、情報収集力が求められます。

情報収集力とは、必要な情報をピンポイントで手に入れるスキルとも言い換えられるでしょう。情報過多な現代において、情報をたくさん得られることが必ずしも情報収集スキルが高いとは言えません。必要な情報と不要な情報の取捨選択を適切に行えるスキルを身につけてください。

情報収集で陥りやすい罠に、自分の思い込みで情報を収集してしまうというものがあります。特にインターネットで情報収集すると、自分の好みが結果に反映されてしまうことも多く、偏った意見だけを情報収集してしまいやすいです。多面的に情報収集する力も求められます。

キャリアアドバイザーはスキルがあると活躍できる!

キャリアアドバイザーには、コミュニケーション力、ヒアリング力、コーチング力、情報収集力が必要です。クライアントの意向を把握して、思い描く未来への地図を構築するために必要なスキルと言えるでしょう。ここで紹介した4つのスキルがあれば、キャリアアドバイザーとして活躍できます。ぜひ意識して学んでみてください。

監修

sponsored by

トライトグループ
トライトグループ
               

人材サービスを展開し、創業からこれまで連続成長を実現。2020年には、TS工建からトライトへと社名変更を行い、新たなステージに突入しています。

「挑む人と、ともに挑む。」をビジョンに掲げ、挑戦する人を応援する社風は創業以来変わらず、より働きやすい・働きがいのある、「社員が誇りを持って働ける会社」を目指し、日々進化。

当サイトでは、そんなトライトグループの“働きがい”を取材しました。
皆さんがご自身の“働きがい”を改めて考え、発見することに役立てていただければと思います。

トライトグループ

トライト公式サイト

トライト採用サイト

ZenkenJob編集チーム
“働きがい”の本質を探して

1975年創業。「そこにない未来を創る」をビジョンに、広告・マーケティング、人材事業などを展開。
2021年6月にマザーズ上場を果たし、企業の働きがいやSDGsへの取り組みなどを市場調査、分析し、自社にも役立てるとともに、日本で働く人、社会のための「SDGs」や「働きやすさ・働きがい」について考えていく一端にしたいという思いで制作しています。

公式Instagramで
最新情報をチェックする