sponsored by
トライトグループ
採用サイトへ
公式Instagramで
最新情報をチェックする
トライトグループの働きがいに迫る【トライトで働くということ。】 » キャリアアドバイザーとは » 『できるキャリアアドバイザー』は将来性あり!

『できるキャリアアドバイザー』は将来性あり!

このサイトは 「株式会社トライト」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

AIが徐々に精度を上げてきています。将来AIに奪われる職業などに興味がある人もいるのではないでしょうか。あらゆる職業はAIに置き換わる可能性がありますが、キャリアアドバイザーには、AIが得意な部分とAIにはできない部分があります。AIが苦手な部分を磨くことで、将来的にも活躍できるキャリアアドバイザーになれるでしょう。

AIに仕事を奪われないキャリアアドバイザーは、現時点でも仕事ができるキャリアアドバイザーです。将来性を意識して取り組めば、人気のキャリアアドバイザーに成長できます。ここでは、将来性があるアドバイザーの特徴をチェックしていきましょう。

将来性があるキャリアアドバイザーの特徴は?

将来性があるキャリアアドバイザーの特徴①「ロジカルシンキングができる」

キャリアアドバイザーに相談する求職者は、道に迷っていたり、悩みがあったりすることがほとんどです。そこでアドバイザーも一緒に迷ってしまっては、相談者の不安が増すばかり。AIの導く答えではなく、人だからこそ与えられるアドバイスにとって重要なのは、ロジカルシンキングです。

ロジカルシンキングでは、主張と根拠の道筋がしっかり通っていることが大切。AIの場合は、いきなり主張が提示されてしまいますが、根拠からの道筋を説明できるのが人間のロジカルシンキングの説得力と言えます。

また、バイアスに捉われない思考力もロジカルシンキングの基本です。自分の思い込みや希望を排除して、事実を的確に捉え、そこから結論を見つけられるスキルを身につけましょう。

将来性があるキャリアアドバイザーの特徴②「コミュニケーション能力がある」

AIが最も苦手とするのは、コミュニケーションです。転職希望者の不安に寄り添い、上手く言語化できていない希望を汲み取る能力は人間特有のもの。そんなコミュニケーション力があれば、AIに仕事を奪われることはありません。人気のキャリアアドバイザーでいられるでしょう。

そもそも、自力で就職先を探すのではなく、人材紹介会社やキャリアアドバイザーに相談するのは、コミュニケーションを通して適性を見抜き、マッチングしてほしいというニーズがあると考えられます。そんなニーズに応えるには、コミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力には話すスキルも含まれますが、それ以上に、話しを聞くスキルや適切な質問をするスキル、真のニーズを汲み取るスキルを意識して伸ばしてください。長く活躍できるキャリアアドバイザーになれるでしょう。

将来性があるキャリアアドバイザーの特徴③「提案力がある」

ニーズに合う提案ができるキャリアアドバイザーも将来性があります。提案力のベースになるのは、ロジカルシンキングとコミュニケーションです。

根拠がない提案をされても、しっくりこない上に不安です。転職は、人生に変化をもたらす大きなことだからこそ、思いつきで提案するアドバイザーには二度と相談しないでしょう。論理的な説明が不可欠です。

しかし、人は、理論だけでは動けません。ワクワクなど、何かしらポジティブな感情が動かなければ、現状維持を選ぶでしょう。転職を後押しするには、感情への刺激が必要です。感情へアプローチできるのがコミュニケーション。相談者の不安を解消し、前向きな感情を引き出すことで、一歩を踏み出す勇気が与えられます。

ロジカルシンキングとコミュニケーションをベースにした提案力こそがキャリアアドバイザーの将来性を決めると言っても過言ではないかもしれません。

将来性があるキャリアアドバイザーを目指すなら「トライト」がおすすめ!

キャリアアドバイザーは、ロジカルシンキングとコミュニケーション能力、そして提案力を磨くことで、将来的にも長く活躍できるでしょう。業務に取り組むときに意識すべきことが分かっていると、自然と能力は伸びていきます。

特に、未経験からでもキャリアアドバイザーにチャレンジできるトライトグループなら、研修が充実していて、能力を伸ばすチャンスが豊富です。意欲的な社員が多く、互いに研鑽できる風土も将来性があるキャリアアドバイザーへと成長させてくれるでしょう。キャリアアドバイザーを目指すなら、トライトグループの求人内容をチェックしてみてください。

監修

sponsored by

トライトグループ
トライトグループ
               

人材サービスを展開し、創業からこれまで連続成長を実現。2020年には、TS工建からトライトへと社名変更を行い、新たなステージに突入しています。

「挑む人と、ともに挑む。」をビジョンに掲げ、挑戦する人を応援する社風は創業以来変わらず、より働きやすい・働きがいのある、「社員が誇りを持って働ける会社」を目指し、日々進化。

当サイトでは、そんなトライトグループの“働きがい”を取材しました。
皆さんがご自身の“働きがい”を改めて考え、発見することに役立てていただければと思います。

トライトグループ

トライト公式サイト

トライト採用サイト

ZenkenJob編集チーム
“働きがい”の本質を探して

1975年創業。「そこにない未来を創る」をビジョンに、広告・マーケティング、人材事業などを展開。
2021年6月にマザーズ上場を果たし、企業の働きがいやSDGsへの取り組みなどを市場調査、分析し、自社にも役立てるとともに、日本で働く人、社会のための「SDGs」や「働きやすさ・働きがい」について考えていく一端にしたいという思いで制作しています。

公式Instagramで
最新情報をチェックする